会社案内

ご挨拶

2015年10月1日、3代目社長に就任いたしました、髙橋 純(タカハシ スミ)と申します。 当社は創業以来、地域の音楽や学校教育、音楽教室に携わり、音楽活動の普及に努めて参りました。

私自身も、ヤマハ音楽教室で学び、小学校では器楽部でヴァイオリンを中学校から大学ではオーボエと楽器と共に育ってきました。 楽器を演奏する中から学んだことがたくさんあります。また、楽器を通して出会った方々も数え切れません。

音楽は「聴く・弾く」ことだけではなく、「生活に潤いを与え、その幅を広げてくれるもの」だと思います。 また、「こころに大切なものでもあります。私共は2011年の東日本大震災で被災をしました。 原発事故により、当時の在籍生800名は全員が避難を余儀なくされました。「避難所でヤマハのお友だちと歌ったよ」 「ピアノがないから、紙に鍵盤を書いて練習した」「せめてピアノだけでも続けたい」という声を聞いて、音楽はなくてはならない、 「こころのビタミン」であることを実感いたしました。

ヤマハ音楽教室をはじめ、音楽教室では、「子育て、孫育て応援企業」として、おうちの方と一緒になって生徒さんの成長を見守っています。 ただ、楽器が弾けるようになることだけではなく、音楽を通して「こころ」も育てていきます。

私どもは、「こころのビタミン」としての音楽を形は変わっても、生涯続けていただきたいと願って大人の方も続けやすい環境づくりをしております。 そして、音楽だけではなく、センターには学研教室を併設しており、学習や進学の面でのサポートもしております。

「生徒さん・社員・スタッフ・講師、一人ひとりが輝き、成長できる会社、教室」を目指し、これからも「音楽のことならタカノ楽器」と信頼される楽器店、 そして近い将来「おけいこごともタカノ楽器」と言っていただけるような地域に末永く愛される企業を目指して、邁進して参ります。

教室案内

  • 原町センター
  • 福島おおたまちセンター
  • 荒井教室

小高・浪江・双葉・大熊・富岡教室
…震災と原発事故の為、一時閉鎖中

業務案内

  • 楽器販売・修理・買取

    楽器、楽譜、楽器の修理、調律、調整、
    中古楽器の買取・販売
  • 教室運営

    ヤマハ音楽教室
    タカノ楽器オリジナルコース
    学研教室の運営
  • 家事代行業

    家事の応援隊
    KOMAME

沿革

昭和21年2月1日
南相馬市原町区栄町1丁目にて高野屋楽器ラジオ店として高野巌が開業。
昭和21年2月1日
南相馬市原町区栄町3の16に移転し現在に至る。
昭和24年3月30日
合資会社タカノ楽器として法人認可を受く。 いわき市平に平営業所開設。
昭和32年3月
平営業所を閉鎖。ヤマハ(株)と特約店契約を結ぶ。
昭和35年12月
小高、浪江、富岡各支店開業。
昭和49年12月
視聴覚機器、テレビ及び家庭電化製品部門を閉鎖。
昭和60年8月1日
代表社員 高野建夫が就任。
平成12年4月
生涯学習部門を充実させる為、学習塾として(株)学習研究社と契約を結び教室活動をスタート。
平成23年3月15日
震災と原発事故による発災の為、本社機能をはじめ、 小高、浪江、双葉、大熊、富岡の6拠点14教室800名分が一時閉鎖をよぎなくされる。
平成23年6月1日
営業再開
平成23年10月1日
福島市太田町にタカノ楽器おおたまちセンターがスタート
平成24年1月
福島市荒井に荒井教室開設
平成26年7月
家事代行業設立 家事の応援隊KOMAME オープン
平成27年6月
本社社屋リニューアルオープン
平成28年10月1日
代表社員 髙橋 純 が就任